止まらない?!肌の劣化を改善するおすすめの方法

年齢を重ねると顔の老化、肌の劣化は仕方ないもの。でも、女ですもの!止まらない肌の劣化をなんとか改善して、疲れて見える顔を元気にしたいものですよね!同年代でも美魔女なんて言われている人達がいるように、劣化して見せないことだってできるんですもん。もう、老けたね・・・なんて言わせない!若返りの秘訣や改善方法を探っていきます!

顔が老けて見えてしまう乾燥肌やアトピー肌

乾燥肌やアトピー肌は単に刺激に敏感になるだけでなく、目元や口元に小じわが発生しやすいため、周囲には顔が老けてみえます。

 

 

自分では毎日鏡を見ているせいか気付きにくいのですが、肌の艶がなくなり、カサカサした皮膚になると実年齢より数年老いたように見られます。

f:id:htn201313:20180203130618j:plain

 

この原因は肌を守るバリア機能が低下することによって起こる状態で、通常は油分と水分がバランス良く存在しているのですが、何らかの要因によって水分が失われてしまいます。

 

肌のバリア機能は外部からの刺激を防ぐ役割を持っており、例えばメイクコスメによる化学薬品の刺激、空中に舞う埃、太陽から降り注ぐ紫外線などがこれにあたります。刺激を受けると体内で活性酸素が発生し、細胞が酸化ダメージを受けることで老化が促進されます。

 

 

アトピー肌も同様に肌内部で炎症が起こりやすく、これを刺激として活性酸素が大量に発生します。本来なら体に良い影響を与える活性酸素ですが、数が増えるとどうしても細胞にダメージを与えてしまいます。

 

 

そのため、乾燥肌やアトピー肌の人は皮膚の老化が起こり、老け顔などに見られてしまうのです。アトピー肌の人は病院で正しい治療を受けることが大事ですが、乾燥肌の人と同じように、保湿成分を豊富に含んだ化粧品、特に無添加など刺激のないものを選んで使用するようにしましょう。

 

 

肌に合わないかどうかは使ってみなければわからないところもありますが、パッチテストなどをしっかり行えば肌の負担は少なくて済みます。