止まらない?!肌の劣化を改善するおすすめの方法

年齢を重ねると顔の老化、肌の劣化は仕方ないもの。でも、女ですもの!止まらない肌の劣化をなんとか改善して、疲れて見える顔を元気にしたいものですよね!同年代でも美魔女なんて言われている人達がいるように、劣化して見せないことだってできるんですもん。もう、老けたね・・・なんて言わせない!若返りの秘訣や改善方法を探っていきます!

顔が黄ばんできてない?食べ物による糖化が引き起こす劣化症状

生まれたときから肌の色が白く、それが自慢だったんです。

でも、いつの頃からか・・・肌が黄ばんできたんです。

 

f:id:htn201313:20180203130618j:plain

 

日焼けによるものとは違って、年々黄色くなって

きてるんですよね。それも特に顔が。

 

お尻とか太もも、お腹など普段人に見せない

ところは白いんですが、腕や首、顔は黄色いんです。

日焼け対策をしているはずなのに焼けてるんだな・・・。

と思ってましたが、もしかすると日焼けと糖化

よるものかもしれない・・・と焦り始めてます。

 

 

顔の中で小さな面積に色素沈着が見られるものを

シミと呼びますよね。それとは異なり顔全体の

肌の色を変化させてしまうのが、くすみと呼ばれる現象です。

 

 

特に顔が黄ばむことを黄ぐすみなどと言いますよね。

黄ぐすみの原因は食生活なので、美白化粧品を使った

スキンケアでは土台から解決することはできません。

 

 

顔が黄ばむ状態がなかなか改善しない人は、

まずは食生活を見直してくださいね。顔が黄ばむ

原因は糖化という現象です。

 

 

活性酸素で身体が錆びつく酸化は有名ですが、

糖化は聞き慣れない人もいると思います。糖化とは、

食べ物から摂取した炭水化物の量が多すぎるせいで起こります。

 

 

炭水化物を多く摂ることで血糖値がぐんぐん

上がり始めると、インスリンというホルモンが

作られて炭水化物をエネルギーに変換しますよね。その

過程で余った糖分が体内のたんぱく質と結合し、

やがてAGEsという物質が作られます。

 

 

これが顔を黄色っぽくするのです。

 


肌の糖化を防ぐために一番手っ取り早いのは、

炭水化物を摂りすぎないことです。血糖値の

上昇をゆるやかにすることで、AGEsが

作られないようにすることもできます。

 

 

お茶にたくさん含まれるカテキンには、食後の

血糖値の上昇を抑える働きがありますよ。他に糖化を

防ぐ成分を持った食品として、コウジ酸を持つ甘酒

糖の代謝を促すビタミンB1を持つ豚肉などがあります。

 

 

これを献立に取り入れましょう。

 

 

抗酸化力の高いビタミンCやポリフェノールも糖化予防になります。