止まらない?!肌の劣化を改善するおすすめの方法

年齢を重ねると顔の老化、肌の劣化は仕方ないもの。でも、女ですもの!止まらない肌の劣化をなんとか改善して、疲れて見える顔を元気にしたいものですよね!同年代でも美魔女なんて言われている人達がいるように、劣化して見せないことだってできるんですもん。もう、老けたね・・・なんて言わせない!若返りの秘訣や改善方法を探っていきます!

20代が感じる老けたなと思う悩みとは??

 

20代になると老けたと思う事が・・・ありますかね???

 

もうすぐ40歳になろうとしているわたしから見れば、20代で老けたなんて悩みはないかと思ってしまうのですが、若いから、年齢いってしまってるから。は関係なく、美に関する悩みは多くなってきますね。

 

 

そういえば、20代の頃は今よりも若いし、体型もほっそりしてたのに「痩せたい、キレイになりたい」だとかなんとか悩んでたっけ。

 

 

あーあの頃に戻れるなら言ってやりたい!

「まだ大丈夫!」って。

f:id:htn201313:20180227091706j:plain

 

年齢に関係なく、特に顔に年齢は出やすくなるので、鏡を見る度に悩んでしまうこともしばしばあるはずです。

 

 

20代の悩みで多いのが、ほうれい線による悩みで、笑顔を作ると顔にシワができるようになってしまい、10代の頃とは違うと痛感するはずでず。

 

 

また体力も落ちてくるのが老けたと感じる悩みの一つでもあります。

 

 

20代は仕事が中心の生活でデスクワークも多くなるので、座ったままの姿勢になることも多く、運動する時間をとることも出来ないので、徐々に体力が衰えていきます。

 

 

そうすると今までは感じることのなかった体の怠さを感じるようになり、体力不足で老けたと考えるようになってしまうのです。

 

 

特に寝不足が続くと疲れも取れなくなり、老けたと考えてしまう事が多くなりがちです。睡眠不足が続くとお肌も荒れてくるので、若い頃の様に手入れをしなくてもツヤ肌を保つことは出来ません。

 

 

基礎化粧品を使ってメンテナンスをしないとすぐに肌も衰えてくるので、老けたと考えてしまうようになります。

 

 

20代では体力の衰えと肌の衰えに関する悩みが多くなり、解決するにはかなりの努力が必要です。

 

 

そのまま放置しておくとどんどん老けたと思う事が多くなるので、少しでも老いを感じることがあれば、早寝早起きを心がけて、基礎化粧品でスキンケアをするようにすると改善していくことが可能です。

 

 

一人で悩んでいても解決することは出来ませんので、まずは行動に移すようにしましょう。

大豆製品、大豆イソフラボンの摂取で肌老化を防ぐ!

日本人の食生活は、食生活の西洋化によって大豆から作られた食品を毎日食べる機会が減っていますが、和食の摂取を積極的に意識する事で、ほぼ毎日のように大豆食品を食べられる食習慣を取り戻せるようになります。

 

 

大豆食品や飲料は、大豆イソフラボンと呼ばれる女性ホルモンに似た作用をするので、肌の状態を若返らせる事で老化を防ぐ事が知られているので、内側から栄養を補給して肌改善に取り組んでいきましょう。

 

f:id:htn201313:20180222093725p:plain


まず、気軽に利用できるのが豆乳ですが、飲む事で習慣化する事が可能であり、牛乳などの乳製品が苦手な場合は毎朝飲んで午前中のエネルギーにしてみる事をおすすめします。

 

 

大豆を食べる事で習慣化したい場合は、豆腐の味噌汁・納豆・甘辛く煮た煮大豆・冷奴等のおかずを準備しておくと気軽に食べられるでしょう。これらの商品を3食の中で1品か2品追加するだけで栄養バランスが良くなり、彩り豊かになって食物繊維も多く摂取できるので、腸内環境が改善されて便秘持ちの人は便秘解消の可能性が高まる事に加えて、便通が来ない事のストレスも解消されます。

 


食事は、どんな物を食べるにしても、一汁三菜や一汁二菜といった栄養バランスの良いメニューが大事であり、大豆食品を摂取しすぎずに肉・魚を始めとした主菜・副菜を食べる事も大事な事から、料理のレシピ数が少ないと感じている場合は、レシピ本やレシピサイトを活用して多くの料理が作れるように努力を行いましょう。